記事一覧

グループ思考

久しぶりに文章を書く。この文章は、科学的なものではなく、つい最近反省すべき点が見つかったため、それを備忘のために書き留めておく主旨のものだ。反省。その子が言ったこと、「そんな風に考えてもらえたら、本当に良いだろうね」みたいなことを言っていた。実際に言った言葉は、これとは全然違うものだったが、まあ、そんなことを言っていたと思う。実際には、俺をほめるような言い方をしていた。俺の中で、そんな深い話をする...

続きを読む

会いに行くことの意義

人が悩んだ際に、自分一人でうんうん考えているのではなく、他者に会ってみると良い、と言われているのはなぜなのか、ふと疑問に思ったので少し考えてみる。うんうん考えていることが不毛となるのは、思考の偏りに陥っているから、といった一言で片づけてしまうのが俺らしいと思う。その偏りに気付いたり、それを突破することが重要なのであり、それが簡単にできたら苦労しないわ、というただそれだけの話かと思う。そして、そのよ...

続きを読む

エクサスケールの衝撃と2030年代

「エクサスケールの衝撃」という本を読んだ。読んではみたが、正直、序章での前特異点等の煽りと、それ以降の内容に論理的な整合性があるとは思えなかった。計算機科学の進歩により解ける問題が増えていくというのは想像できるが、エクサスケールである必要性は何も語られていないと思った。特に、本書では、冒頭でも終章でも、最初に1エクサのスパコンをどの国が開発するかが極めて重要と述べられているが、本書の内容に、その論...

続きを読む

見た夢の話(備忘)

(科学的に意義のあるものではないが、記録の観点から一応書いておく。)無刀に至る夢を見た。何を為すにも、刀に必要性はない。刀のことは考え尽くしたと思う。気がつくと、刀以外のことが自然とわかるようになっていた。当時は刀を出発点としたものの、かなり早い段階から、それが本当の目的ではないことに思い至っていた。そんないつからか、自分の魂ともでも呼ぶべき何かが、この世界における大きな流れのようなものを感ぜられ...

続きを読む

エクサスケールの衝撃(その1)

今回は本当にナンパと関連性の薄い話をします笑今日はナンパ仲間と合流するまでの間、中村天風本とスーパーコンピュータ本を読んでいました。中村天風本については、おいおい何か言及することとして(←あまり興味なし)、今回はスパコン本について少し話をしたいと思います。私が読んでいたのは、「エクサスケールの衝撃」という本です。当ブログでも何度か言及しているとおり、私は、議論をするためには、現状把握(自身、他者、...

続きを読む